チェンマイでタイ語を勉強しよう


1.ビザについて

最近好きなタイの事が知りたい本格的にタイ語を勉強したいと言う方が増えているが、大学のタイ語コースは英語で教えている為、日本人には授業についていけない人が多いので、
当校が日本語で文法説明し、質問も日本語でできる学校をチェンマイで作りました。
学校設立当初はビザが緩やかだったので、教育ビザがなくても長期に渡りタイ語を勉強していただけのですが、観光ビザが厳しくなったので、教育委員会から招聘状を出していただくようにしました。

タイで外国人が長期滞在するにはビザがいりますね。しかし日本人の短期滞在の人は、陸路で入国した人に15日、空路で入国した人に30日まで、ビザ無しで滞在できます。

タイで長期タイ語語学留学するには、EDビザ、NON-IMMIGRANT.EDUCATION(教育ビザ)が、タイ側の学校から招聘状(Invitation Letter)が要ります。
尚、当校のように私学の場合、他に教育委員会からの招聘状も要ります。
その書類とタイ大使館、領事館の申請書類等を出せばEDビザが取得できます。
(当校のホームページに詳しく書いてありますので参照してくださいね)
日本及び他外国でEDビザを取得するとタイ入国から90日滞在できます。

さらにチェンマイのイミグレで延長手続きをするとさらに90日の滞在ビザが貰えます
(最近、EDビザで就労している白人が検挙されたので90日になった)
それ以上勉強される方はさらに延長手続きをすると185日のビザが取得できます。
もう一年チェンマイでタイ語を勉強される方は、一年後延長手続きをすると一年滞在ビザが取得できます。
しかし、勉強日数が少ない、休みが多い人には学校はビザ延長の手続きはしません。

学校が夏、冬休みに2ヶ月程度の短期滞在でタイ語を勉強したい人は観光ビザを取得されたらいかがですか。
最近では、観光ビザで長期滞在し就労したりする人が多いせいか、入国管理局も観光ビザの審査も厳しくビザ枚数に応じて、ビザを発給しないそうですから注意が必要です。

スポンサーサイト

タイ語教科書作りの思い出

今朝の雨でチェンマイは天気はどんより曇っているが涼しくてオイラ的にはすごしやすいです。

教科書作りの思い出で、当時の当校の校長先生のMさんが日本人に教えていてオイラにぼやいた事がある。

日本人は何度練習しても声調、言葉の上がり下がりが出来ないのと、英語で言うRとLの音の差が解らないと言う
Mさん自身はYで欧米人相手にタイ語を教えていて彼らはすんなり出来るようで、日本人は少数だったので気にならなかったと言う。
オイラの学校は日本人だけなので、顕著に解ったようで、それなら声調だけで30時間の教科書を作ったが、先生からはこんな言葉
今は使っていないとか文句がでたが、辞書で調べてもその語しかないので声調練習の為で意味は関係ないとした。
声調記号も富田先生の辞書を参考にローマ字に近い記号を使うようにした。
男子の子がパソコンが得意だったので、オイラが作った教科書をMさんが書き直して、彼にパソコンで打ってもらった。
実際教えながらの作業なので毎日生徒には教科書でなくプリントで渡して教えてもらっていた。
タイ人にとっては声調はそれほど難しく感じてないので、先生も戸惑っていたが出来るまで教えてくれと頼んだ。

それからタイ文字の教科書、タイ語はサンスクリット語やバーリ語をタイ語に変えているので、最初の教えた原則が通用しなく
なるので、これを先生が説明出来る様、富田先生の辞書で必死に勉強した思い出があるが、これを全て覚えていれば困らないのだがね。

エアポートリンク             
2010年 8月24日にホームページでアップ出来なかった話です。

当初開通が2009年8月だったスワナプーム国際空港からパヤタイを結ぶエアポートリンクが23日にオープンしたようでテレビで放送してました。料金は普通電車は一律15バーツらしく、快速は100バーツとテレビで聞きました。
扉の開閉が車のように押して閉じるようですね。
オイラバンコクは飛行機の乗り継ぎだけなので関係ないのだが、タウシーと値段交渉する面倒が無くなったので利用する人には便利なのか乗り継ぎがどうなってるか知らないので本当に便利になったのなら良いのだが。
チェンマイのモノレール構想はどうなったのやら、タクシンが居なくなったので計画倒れですかね

学校設立までの話

書くことがないので、学校設立までの話を掻い摘んで紹介しよう

チェンマイ亜矢語学学校の創立は2546年(2003年)5月中旬である。

学校の名前の亜矢はオイラの娘の名前にしたのは、将来、娘がこの学校を引き継いでくれたらの願いから付けた。

学校設立前に県庁の教育委員会に行って設立に必要な事を聞きに行ったわけだが、オイラの考えていた学校は日本人とタイ人
の為の学校なので、教育委員会からは生徒の国籍を限定すると学校の継続が駄目でないのと言われ、まず一年やって学校があったら
申請を受付てやると言われたので、タイらしいと思いながら許可なしで船出したわけで、後で知ったのだがチェンマイの私塾の
語学学校で許可を受けてるとこは皆無であった。

オイラチェンマイでAとYでタイ語を勉強したが、講師は皆パートタイム安く雇えた理由がわかった。
教育委員会が承認する先生は大学で教える科目を専攻していて好成績でないと認めない。
AやYのように許可無く学校してれば、ただ英語が出来る人材を探せば講師になれるので探すのは簡単だが、
教育委員会の許可を得られる講師を探すのは難儀したが、Yで勉強して居た時の教頭先生のMさんが辞めていたので助言を求め
大学でタイ語を専攻していて、日本語も出来る人材探しも手伝ってもらったりした。

このMさん当時お腹の子供が居た為、長く勤めることが出来ないと考え、まずオイラの採用した男子1名、女子1名ずつを育てて
もらうことしたのだが、男の子は教える事に向いてなかったので辞めてしまった。
今も教えてくれている女子1名はネン先生で当校の生え抜きで生徒に人気があり大変勉強家で真面目で助かった。

次に苦しんだのは教科書作りで、オイラが下書きした物をMさんが手直しして生徒に教え、生徒の意見も聞いたりして、30時間
で終える教科書を作っていって、レベル8位まで、こうして出来た物で審査を受けたら認めてくれた。オイラ後にも先にもこれ位
タイ語を勉強した時期はない。

教室作りも私塾で出来る最低限の物で認めてくれて嬉しかったので、審査の日の昼食はオーキッドホテルのレストランで
昼食をご馳走した。苦労して貰えたのが許可番号014/2547です。

次に取り組んだのは、オイラの就労ビザだが、教育委員会から教師として認めてもらう為、大学の卒業証明書を取り寄せ、日本で
日本語教師講習400時間の終了証はいらなかったが、学歴社会のタイでは大卒しか外国人教師は認めないと言われた。
教育委員会で日本語教師の証明を出してもらって、同じ県庁にある労働局へ、これと納税証明を出して就労許可書を取得した。
後はビザの更新時期に配偶者ビザからビジネスビザにイミグレで変更してくれたので40万の預貯金の証明書は不要になった。

設立当時から生徒はいつも一杯でお断りすることも多かったのは、当時の先生のMさんが人気があり一度受講すると引き続き勉強
してくださる生徒が多かったので経営はオイラの持ち出しが少なく助かったが、先生一人では収入は限られており、オイラに少ない
が給料が出るようになったのは、先生二人が教えることが出来るようになった半年以上要したが、収入がなくても税金は納めていたがね。

日本は景気がいいぞ

2010年 8月10日に当校のホームページでUPしたものです。

このブログのマニアルを見ながら作成しているのだが難しいね。マニアルを保存してやり方を勉強しようと思って保存しても見られないの、当校ダイアルアップで接続しているので、すぐに接続を切られてしまうので、少しずつ調べることにする。

朝日新聞によると、財務省が9日発表した2010年上半期(一月から6月)の国際収支(速報値)によると、海外とのモノやサービスの取引、投資収益の状況を示す経常収支の黒字額は、8兆5262億円だった。
リーマン・ショックの影響を受けた前年より輸出が回復し、黒字額は前年同期比で47.3%増えた。
輸出は31兆3864億円で、増加幅は上半期としては金額(8兆9032億円増)、率(39.6%増)とも過去最大。
輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支の黒字額は4兆601億円と、前年同期の6倍超となった。
利子や配当など投資収益を示す所得収支の黒字額は5兆8822億円。
世界的な低金利や海外子会社の業績不振などを背景に、黒字額は前年同期比で14.6%減った。
また、中国の日本国債などへの債券投資が目立ち、1~6月の買い越し額は約1兆7千億円にのぼった。
しかし、日本の企業は株主の儲けの為にあるそうなので、役員と株主だけが景気が良いのかな、2ちゃんねるなんか
円高、円高って騒いでいたけれど、日本の企業は円高でも中国特需で利益を出してるようですな。
考えてみると大企業が海外に工場移転し終えて円高の影響受けにくくなっただけなんじゃないの、雇用は増えたと聞かないし、チェンマイに居る人達もそうだが、日本人は貧乏性なので、カネがあっても使いませんね。むしろ、金持ちになるほど、カネを使わなくなる。こちら住まわれている70歳以上の方が将来が不安で年金を貯金しているって・・。

ウイルスが・・・

チェンマイ亜矢語学学校のホームページで、管理人の独り言を書いて更新していたのだが、訳のわからないウイルスに罹ったりするのもんだから、ブログで更新することにしたのだが、ホームページと違って扱いにくいです。

まずは学校紹介です。

チェンマイ亜矢語学学校は、タイ語、日本語を教えております。

タイ語会話コースは日本語で文法説明する為、日本語がわかる方のコースです。

チェンマイ県庁の許可を得ている学校ですので、留学ビザも発給できます。
EDビザに関する質問があればお答えします。
タイチェンマイで語学留学したい方々は当校のホームページをごらんください。
http://www.ayachiangmai.com/

まだ、このブログ作成に慣れていないのでこれから案内書をよんで研究します。
気になる為替情報
プロフィール

Author:アヤパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
海外旅行・在住保険のAIU
忍者アフェリエイト
タイドイチャンアラビカコーヒー
財成神社でおみくじが引けるブログパーツです。 占いたい今日か明日のお賽銭箱をクリ
今日・明日のあなたの運勢
タイで一番飲まれているビール
最高級のコーヒー・タイのブラック・アイボリー
フリーエリア
『今日のあなたのラッキー色』
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
19位
アクセスランキングを見る>>
全てが揃うアマゾンで買い物
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
最強のタイ日辞書改定第3版
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR